スポンサーリンク

Supreme(シュプリーム)Snap Front Jacquard Logos Twill Jacket ジャケット tan タン 2019-2020年秋冬

 

2019年から2020年のシュプリームは、ロゴをジャガード織りにした生地を使ったアイテムが多くリリースされました。いかにも総柄といったアイテムに比べるとおとなしい印象で、ベーシックなファッションにもなじむデザイン。シルエットが定番のアイテムならなおさらそう感じてしまいます。

 

今回はそんなジャガード織の生地を使ったワークジャケットをご紹介します。

 


シュプリーム Snap Front Jacquard Logos Twill Jacket特徴は?

 

ブラックのスナップボタンがアクセントになるベーシックなアイテムで、ストンと落としたシルエットのジャケット。トレンドに左右されない形になっているので、お手入れ次第で長く着用できそうです。ジャガードでロゴが織られた生地ですが、単色になっているので落ち着きのあるアイテムになっています。

 

シルエットが細めのボトムスをあわせたキレイめコーデにあわせると、シュプリームのジャガードロゴがストリートのアクセントをプラスするしてくれそうです。もちろん王道ストリートコーデの羽織りとしても。ベージュ系のアウターはトップスやボトムスの引き立て役としても使えます。

 

 

ジャガード織りのロゴ以外にも、左胸にボックスロゴが配されています。ベージュ系の生地にレッドが映えるデザインです。ボックスロゴ自体は控えめな大きさなので、シュプリーム初心者の方も取り入れやすいのではないでしょうか。

 

また、スナップボタンにブラックが使われていて、こちらもジャケットにアクセントを与えてくれます。ジャガード生地の色・レッド・ブラックの3色でまとまっているので、コーディネートのまとめ役にふさわしいアウターといえるでしょう。

 

タンとは?Jacquard Logos Twill Jacketのカラー

 

このワークジャケットの色展開はこちらの5色です。

  • オレンジ
  • タン
  • ブラック
  • スレート
  • フォレストグリーン

 

画像のジャケットカラーはタン。ベージュとは同系色になりますが違う色になります。ベージュに比べるとタンのほうが赤みが強く、よりブラウンに近い色味です。そのため、タン=淡い茶色と表現されることも。

 

タンの名称は、革のなめしに使われていたオークの樹皮(tannnam)からきています。ファブリックはもちろん、革製品でも明るめで赤みのある色をタンと区別されることがあります。革ではブラウン系統の印象ですが、ファブリックになるとこのジャケットのようにベージュのような色味になります。

 

また、このジャケットはスレートという色も。スレートはくすみのあるブルーです。粘板岩を薄く切った色という意味で、グレーの入った色合いになります。このスレートも、海外ブランドで時折使われる色の名前です。

 

シュプリームに限らず、海外ブランドのカラーはさまざま。調べてみるととても面白いのでおすすめです。

 

Jacquard Logos Twill Jacket素材は?

 

素材はワークジャケットらしいコットン100%。目の詰まったツイル生地になっているので、寒暖差の激しい季節にアウターとして使うのに向いています。また、上品な光沢感があり、肌あたりの良さも特徴です。

 

ロゴをジャガード織りにしているので、プリントのように摩擦や経年変化でロゴが無くなってしまうということもなく着られます。プリントジャケットの場合、摩擦が気になって着られないという方も多くいますが、ジャガードならどんどんヘビロテできそうです。

 

まとめ

 

今回は数あるシュプリームのジャガードアイテムから、ワークジャケットをご紹介しました。使い勝手の良いカラーバリエーションで、コーデの引き立て役にもメインにも使えるユーティリティあるアウター。シュプリーム初級編としてもおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました