スポンサーリンク

Supreme®/The North Face® Paper Print Nuptse Jacket購入レビュー

 

「Supreme®/The North Face® Paper Print Nuptse Jacket」を購入したのでレビューしたいと思います。

 



「Supreme®/The North Face® Paper Print Nuptse Jacket」を購入レビュー。

 

2019FWにSUPREMEとTHE NORTH FACEがコラボレーションした時のヌプシダウンです。カラーバリエーションは1カラーのみ。

 

THE NORTH FACEでは定番の型ですが、大きく違うのはコラボレーションしたことによる転写のプリントです。一見、ストーンアイランドで見かけるシワ加工を施したナイロンの生地を思わせる立体感。

 

そしてそれをそのまま2Dに落とし込んだようなこのデザイン。他の転写プリントである枯葉プリントやファープリントと比べ、インパクトこそ欠けるものの着ましやすさ、そして着る人を選ばない丁度いいバランスを感じますね。今回は洋服好きの方にはかなり刺さるんじゃないでしょうか。わかる人にはわかる「イマっぽさ」がにじみ出ています。発売の先週と先々週にはボックスロゴがリリースされ、その年最後飾るにふさわしいコラボレーションだと思います。

 

袖口の箇所に“700”のと刺繍が入っているのですが、この意味はヌプシの規格、仕様のことをさしています。正確には”700フィル”といいますが、この数値は大きければ大きいほど断熱性が高く高品質と言われます。一般的には700フィルを超えたあたりから高品質ダウンと呼ばれるようになります。もちろん断熱性が高いだけでなく、このフィルは羽毛の性能をさしているために、同じ断熱性を求めた際に高フィルパワーの羽毛の方が重量が軽くなります。日本規格のヌプシは600フィルのため、今回のコラボレーションで採用されたのはアメリカ仕様(700フィル)ということになります。この良質なダウンをバッフルで区切り寄れないように詰め込まれています。機能性に優れたTNFとのコラボだからこそのハイクオリティさですね。防寒性能だけを考えてもコレ1着あれば冬を越せます。

 

画像には写っていませんがフードはもちろん収納可能で、SUPREMEのロゴが入っています。なお、バッカブル仕様になっており、持ち運びにも便利。オフシーズンの際に小さく収納するのにも役立ち、毎シーズンに布団のように圧縮して収納している方には嬉しい機能ではないでしょうか。ダウン全般に言えることではありますが、かなりかさばりますからね。

 

 

アーム部分のSUPREMEとTHE NORTH FACEのロゴ。通常のヌプシにはアーム部分には特別ロゴが入るようなデザインではないため、非常に嬉しいポイント。特にこの両ブランドはロゴによる価値、ブランド力が非常に強いため、まんべんなく散らした時の存在感は特別なものがありますね。

 

以下に4枚ほど、内側品質タグをそれぞれ掲載しているので参考にしてください。

 

 

そしてコチラが首元に付いているブランドタグです。

 

 

レッド×ホワイトで統一された両者のブランドタグ。存在感があってカッコイイですね!

 

表記はMサイズですが、アメリカ仕様。71/61/67(着丈×身幅×袖丈)と少し大きめの作りをしているので普段通りのサイズを選ぶと少しゆとりにある、中に気込める程度のサイズ感になります。

 

 

購入時の付属タグとレシートです。商品名には「ペーパー ヌプシ」とデザイン名が入っています。

 

 

胸元のTNFの刺繍。コチラは通常のヌプシにも同じような刺繍が入ります。

 

 

ジッパーです。付属でTNFの取っ手が付いています。手袋をしている際などは小さいジップは掴みずらいので、かなり実用的ですね。

 

以下にその他タグの写真を記載しています。

 

 

冬に即戦力として、主役級の存在感あるダウンジャケットを探している方には、非常におすすめです!

 

タイトルとURLをコピーしました