スポンサーリンク

Supreme Box Logo クルーネック スウェットトレーナー(グレー)購入レビュー

 

毎年、AWシーズンに発売され大争奪戦が繰り広げられるSupremeボックスロゴシリーズ。ど定番かつどシンプルなデザインにも関わらず、販売から年数が経っても高い価値がついて取引されています。

 

数あるSupremeアイテムの中でも最も人気のある1つ「Supreme Box Logo クルーネック スウェットトレーナー」の購入レビューをしていきたいと思います。筆者はAWのBox Logoシリーズを購入したのは初めてでしたが、ぜひ参考にしていただきたいです。

 


Supreme Box Logo

 

Supreme – ニューヨーク出身のイギリス人であるジェームズ・ジェビア(James Jebbia)が設立した、アメリカ発のストリートファッションブランド。1994年にニューヨークにて1号店を出し、スケートボード文化やヒップホップに影響を受けたアイテムの展開で知られ、長く愛されているブランド。

 

大人気のこのBox Logoシリーズは、立ち上げ当初から存在しています。ロゴデザインの元になったネタは、バーバラ・クルーガーという女性デザイナーの作品「I think therefore I am」のパロディアート「I shop therefore I am」だと言われています。Tシャツから始まったこのBox Logoシリーズは、現在では様々なアイテムに起用され、Supremeを象徴するブランドロゴとなっています。

 

着用レビュー(デザイン)

 

これぞどシンプル。胸元中央にドカンとSupremeボックスロゴが刺繍してあります。ボディの色やシーズンによっても異なりますが、白やグレーなどの定番カラーには、ブランドカラーの赤で刺繍されています。存在感抜群ですが、逆にそれ以外に特に目を引くポイントがないように思います。Box Logoシリーズの醍醐味は、このBox Logoそのものにあると言えるので、力強いブランド主張こそが人気の理由とも感じられます。プリントでは演出することが難しい、立体感や厚みをうまく表現し、一目見るだけで、Supremeを着てるんだとわかるインパクトがあります。

 

毎シーズン、多様なカラーバリエーションで展開するこのBox Logoシリーズ。筆者は使いやすいライトグレーを購入しました。ボンバージャケットやダウンなんかと合わせるとボリュームも出て、これぞストリートといったスタイルが作れます。ライトグレーを選んで良かった点は、どんなバンツとも合わせやすく、色物や柄物のアウターとも対立しないところです。

 

胸元のボックスロゴ刺繍には重量感があり、アウターの隙間から顔を出した時の存在感はさすがです。シンプルなので、ストリートファッションだけでなく、着こなし方によって多様なスタイルに組み込めるアイテムだなと感じました。

 

着用レビュー(サイズ感)

 

著者はLサイズ(肩幅48.5cm、身幅61cm、着丈70.5cm、袖丈65cm)を購入しました。サイズ感はジャストサイズといったところです。ゆったりめに着たかったので、XLでも良かったかなと思いましたが、肩のラインや胸まわりからするとLサイズが丁度良かったです。欲を言えば、もう少し着丈があった方が個人的には好きです。中にしっかり着込んでも問題ないですし、綿100%素材で裏起毛なので暖かさをしっかりキープしてくれます。

 

まとめ

 

今回は、ストリートファッションシーンではお馴染みの「Supreme Box Logo トレーナー」の購入レビューを行いました。長年愛されているこのBox Logoシリーズだけでなく、不定期的に展開されてるコラボアイテムなど、長きにわたりストリートカルチャーを盛り上げているSupreme。これからどんな革命を起こしていくのか楽しみです。

 

タイトルとURLをコピーしました