スポンサーリンク

NIKE / Waffle One Infinite Lilac購入レビュー

 

落ち着きのある同系色を使いながらも、典型的なシルエットと未来感を思わせるディテールが共存する、Waffle One Infinite Lilac。NIKEのランニングシューズの中で、ファッションアイテムとしても注目される一足です。

 

今回は、個性あふれるWaffle Oneをピックアップします。

 


NIKE Waffle Oneとは?

 

Waffle Oneの誕生は2021年。Waffle Laserよりもシンプルなルックスで、ファンションアイテムとしても汎用性のあるデザインです。どことなく懐かしさも感じられるモデルが生まれましたね。

 

さまざまなスポーツの足元を彩ってきたNIKE。Waffle Oneはランニングシューズのカテゴライズです。NIKEのランニングシューズといえば、ヴェイパーやアルファなどのフライシリーズが陸上界では話題になっています。フライシリーズと比べて、スニーカー感があってストリートで履いても全くといっていいほど悪目立ちしないのは、Waffle Oneの魅力です。

 

Waffleと言われているのはソール部分のこと。創業者のビル・バウワーマンはスイーツのワッフルからインスピレーションを得て誕生したソールです。Waffle Laserなどのワッフルシリーズ以外にエアマックスも採用されています。

 

NIKEの代名詞のように使われているのが、「エア」と「ワッフル」。両方ともソールに特徴を持たせているのが共通点といえるでしょう。

 

NIKE Waffle One最大の特徴はメッシュアッパー

 

Waffle Oneの特徴はワッフルソールだけではありません。シースルーのようなメッシュもポイントです。つま先は見えにくいようですが、サイドのスウォッシュマークあたりに透け感があります。抜群の通気性で、長時間履いていてもムレ知らずといったところでしょうか。

 

かなりのシースルーなので、ソックスで見え方が異なるユニークさ。白や黒のソックスならシックに、あえてカラーソックスをチョイスしてワンポイントの遊びを持たせてもいいですね。

 

透明感すら感じるシースルーを引き立てているのは、起毛がほどよいスエード生地。おそらくケミカルと思われますが、メッシュとの対比がとても面白いと感じました。このシューズから感じる立体感は、軽さを象徴するメッシュと贅沢なスエードが織り成す佇まいかもしれません。

 

縫製をみると、履き口にはアクセントのジグザグステッチ。アッパー素材だけでなく、細かなディテールにも遊び心がある興味深いシューズです。

 

Waffle Oneでも示されるNIKEの安定したソール

 

NIKEのシューズはそのデザイン性だけではなく、機能性に優れた履き心地も特徴の一つ。Waffle Oneは2層構造のウェッジミッドソールで、エアがないのに反発性に優れたデザインです。着地時の衝撃緩和が期待できるので、長時間の街歩きはもちろん、ランニングシューズとしても機能性抜群といえるでしょう。

 

また、ワッフルのアウトソールは改良型。前側半分がスリットが入っているので、返りが良く足が疲れにくい工夫が施されています。NIKEユーザーの中には「ワッフルは固め」と感じている方も少なくありません。しかしこの改良型ワッフルならソールとしての固さが良い方向に活かされて、歩きやすさを感じられるかもしれません。これはおいしいバージョンアップですね。ワッフルだけに。

 

Infinite LilacならビジカジもOK

 

Waffle Oneのカラーバリエーションは豊富。その中でも合わせやすさ重視ならモノトーン系のカラーがおすすめです。その中でも、柔らかなカラーのスウォッシュマークが入ったInfinite Lilacは、ライトグレーのスエードでビジカジにもピッタリ。クラシックなテーパードシルエットのボトムスとも高相性です。

 

モノトーン系なので、コーデの引き立て役にもなる一足。ストリートスタイリングはもちろん、カジュアルダウンコーデにも使えるユーティリティプレイヤーとしてヘビロテ間違いナシです。

 

まとめ

 

今回は2021年誕生のWaffle Oneをご紹介しました。ランニングシューズなので「いかにもランシュー」といった彩度高めのカラーリングもありますが、カラーによって落ち着きのあるものもあります。履きやすさも兼ね備えた一足をぜひ体感してみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました