スポンサーリンク

[Polo Ralph Lauren]ポロ ラルフローレンのポロシャツ購入レビュー

 

不動の人気作であり、ベストセラーでもある[POLO RALPH LAUREN]ポロ ラルフローレンのポロシャツの購入レビューをしたいと思います。

 


[Polo Ralph Lauren]ポロ ラルフローレンのポロシャツの魅力

 

引いては、また来るビーチの波のようにポロ ラルフローレンのブームが世代ごとに巻き起こります。ここまで若者から年配の方までのおしゃれの代名詞があるでしょうか?

 

胸元に光る馬の刺繍のロゴ、どのロゴと比べても1番気品を感じられます。ビッグポニー(ロゴの大きいバージョン)は主張し過ぎて個人的には好きではないのですが、さりげない小さい刺繍はセンスと品の良さを感じられます。

 

ポロシャツとはもともと『テニスシャツ』と呼ばれるように、テニスのユニフォームから始まっています。特にユニフォームが決まってなかったポロ選手がポロシャツ(テニスシャツ)を着るようになり、それを見てラルフローレンは自身が作ったブランド『Polo』と紳士のスポーツであるポロを掛け合わせこのポロ競技をしている刺繍が生まれたそうです。

 

プレゼントされても絶対嬉しいポロシャツですね。

 

[Polo Ralph Lauren]ポロ ラルフローレン ポロシャツ custom fit(カスタムフィット) 購入レビュー

 

私は、ラルフローレンのポロシャツの中でもcustom fit(カスタムフィット)が気に入っています。ゆとりのあるクラシックフィットと細身のスリムフィットのあいだの身幅であり、日本人の体型にあったデザインですが、体の線が出やすいため、体型を維持出来ないと着こなせません。

 

 

そう、細過ぎず、太過ぎず、鍛えた体にマッチする限られた者にしか着こなせないアイテムになっております。ポロシャツならではのTシャツより、短くぴったりする袖は上腕二頭筋のためにあり、ボタンを全開に開け大胸筋の上にポロのロゴがきらめきます。

 

 

カジュアルはもちろん、襟がついている事でフォーマルにも活躍してくれます。白いポロシャツもラルフローレンのポロシャツの定番中の定番です。夏はやはり白を着て爽やかに外に出たいですね。日に焼けた肌とのコントラストがたまりません。白いポロシャツで夏は間違いありません。

 

 

春、秋に着たい黒いポロシャツ。白とはがらりと印象が変わりちょいワルなイメージにも見えます。黒いポロシャツのロゴは紫色が主流なのですが、こちらはゴールドでキラキラです。

 

 

ネイビーは高校生の時にも持っていてお気に入りでした。上品なイメージがあるネイビー。パンツとのコーディネートも種類を選ばず、どんな着こなしでも合うはずです。

 

 

グレーもトップスのお気に入りカラーです。襟と袖のラインが素敵です。

 

 

ラガーシャツ、ブルーホワイトのボーダーラガーシャツです。

 

 

肩まわりが丈夫にキルティング加工されています。

 

2020新色発売

 

2020年新色が増え、なんと32色。価格は15,000円で販売されます。

 

 

32色といっても、着こなせないような奇抜なカラーが登場するわけでは無く、従来ラインナップされているカラーの間を埋めるようなグラデーション的な32色となるので、自分の好みが見つかります。素材も1972年から定番である鹿の子と、滑らかなソフトコットンの2種類の素材が発売されます。

 

シルエットもクラシックフィットとスリムフィットの中間となるカスタムフィットを採用。日本人の体型にピッタリのサイズ感なので、ジャストサイズで着こなせます。またメンズだけではなく、ウィメンズ15,000円とチルドレンズ(ボーイズ・ガールズ)7,900円〜も用意されているので、家族みんなで着られます。

 

これを機に是非とも購入を検討してください。

 

まとめ

 

皆さんも人生で一度は着たことがあるのではないでしょうか。今一度このレビューをみて、購入したくなる方がいらしたら嬉しいです。是非とも、この夏はPoloのロゴでお友達に差を付けてください。

 

タイトルとURLをコピーしました