スポンサーリンク

New Balance(ニューバランス)M1500 MADE IN ENGLANDレビュー

 

シリーズによっては入手困難になる程、最近また人気の上がってきているニューバランス。私も好きで何足か持っていますが、特に定番で履いているのがM1500のシリーズです。生産国までこだわると3万オーバーのモデルもありスニーカーとしてはかなり高級な部類になります。

 

今回はその仕様や魅力などをご紹介しますので、購入を検討されてる方に参考になれば幸いです!

 


New Balance M1500とは?

 

ニューバランスは数字でシリーズがわかるようになっており、最近では特に900番台や1000番台などが有名どころで、それぞれに特徴があります。

 

1500に関しては、ニューバランスの中でも最高峰の素材と技術を取り入れたフラッグシップモデルの1000番台のモデルの一つです。1000番台では他にM1300やM1400なども有名ですが、1989年に登場した1500に関してはMADE IN UKというのが一つの大きなロイヤリティで、見た目も履き心地も抜群のモデルとなっています。

 

※ちなみに1500の前につくMに関してはMENSモデルであることを意味しています。

 

New Balance M1500の各ディテールのご紹介

 

M1500のデザインの特徴としてまず目につくのはサイドに刺繍で作られたチビNのロゴマークです。996や1400で見られるような大きいNマークももちろん魅力的ですが、このスタイリッシュなチビNのロゴマークは、綺麗目なスタイルとも相性がよく、私もスラックスに合わせたりと大人なコーデにも使っています。

 

またアッパーは高品質なレザーと通気性に優れたメッシュのコンビネーションなど、さまざまな素材を掛け合わせ、近未来を感じさせるデザインも魅力です。

 

30年近く経った今でも全く色褪せないデザインはまさに名品ですね。

 

ソールはエンキャップを使用

 

ニューバランスは、モデルのよって使われるミッドソールが違いますが、今回ご紹介している1500に関しては「ENCAP(エンキャップ)」が搭載されています。

 

ちなみにミッドソールとは、靴のクッション部分のことです。地面に触れる部分はアウトソール、足に触れる部分はインソールで、その中間に位置するのがミッドソールです。

 

ミッドソールの機能が履き心地に影響するのはイメージがわくと思いますが、ENCAPは以下のような特徴です。

  • 安定性のあるミッドソール
  • 衝撃吸収性のあるEVA素材(クッション性がある)を柔らかいポリウレタン素材で包んでいる
  • ポリウレタンで加水分解しやすい

 

ニューバランスのモデルの中で、すごい反発性があるとか、かなり軽量であるというよりは、しっかりとした安定性のある履き心地といった感じです。

 

またニューバランスでM1300が最初にENCAPを搭載したモデルなのですが、その履き心地をラルフローレン氏が「雲の上を歩いているような履き心地」と表現したのは有名な話です。今では技術も進歩し、さまざまなミッドソールが開発されてますが、当時としては本当に革新的なソールだったんだと思います。

 

まとめ

 

今回ご紹介したM1500のモデルは、カジュアルな着こなしから、キレイ目スタイルの外しまで幅広いコーディネートに対応するデザインでおすすめです!

 

また履き心地に関しても、比較的フィットする方が多いのかなという風に思います。軽すぎず、しっかりとした安定感のあるミッドソールは個人的には一番ニューバランスの中では好みです。

 

ニューバランスにはさまざまなシリーズがあって、デザインはもちろんですが、使われているミッドソールによって結構履き心地も違います。他のモデルをお持ちの方もぜひM1500試してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました