スポンサーリンク

New Balance(ニューバランス)のMRL247LUXEブラック購入レビュー

 

New Balance(ニューバランス)のMRL247LUXEを購入したのでレビューしたいと思います。

 



New Balance(ニューバランス)のMRL247LUXEブラック購入レビュー。

 

ニューバランス247は2017年に初めて発売されたモデル。数あるニューバランススニーカーの中でも新しい品番でね。

 

今までのモデルと比較すると見た目も機能性も随分違うモデルなので、実際に購入することをためらう人も多いかったのではないでしょうか。今回はそんなニューバランスのスニーカー MRL247をご紹介いたします。

 

まず、ニューバランス247の247というモデル名の由来は、「24時間、7日間」日々のライフスタイルシーンを快適にサポートするというところからきているそうです。ニューバランスの代表作でもある576や998、1300JPからインスピレーションを受けて誕生したのだそうです。

 

ただ、デザインはインスピレーションを受けたと言ってもテクノロジーは確実に現在のニューバランスのものなので、よく言えば最新のテクノロジーのニューバランスのスニーカー、悪く言えば、当時のレトロなデザインや履き心地を色濃く残している、それこそ576や998、1300JPなどのヘリテイジモデルと言われるモデルの復刻スニーカーとはまるで別のものです。かなり、好みが別れそうなモデルでもありますね。

 

ちなみに、モデル名には247の前にmrlがついていて正式にはmrl247です。mrlがつくモデルはアジア生産になりますので、ニューバランスだからアメリカ生産じゃないの?イギリス生産じゃないの?と間違えないようにしましょう。

 

特に他のモデルと異なる点をピックアップしてご紹介します。

 

ニューバランス247はフューチャークラシックです。「フューチャークラシックとはなんだ?」って思うかも知れませんが、ニューバランスがいうところの過去に敬意を払いつつも最新のテクノロジーを取り入れた未来にむけたシューズなのだそうです。確かに、ニューバランスのデザインとしては、若干の過去モデルのにおいを感じさせながらも全く新しいモデルとなっています。ニューバランスというブランドが好きで新たなニューバランスの方向を示したモデルを履いてみたいという人にはおすすめですね。

 

もちろん、アッパー(ソールより上の部分)も大きく進化しているのがわかります。シュータンがなどのパーツが一体化して、アッパーにはニット素材なども多用されより軽量になっているのがわかります。パーツ点数が減ってニット素材が増えれば、当然軽量になり、通気性も増し、フィット感も良くなるといったように、より高性能になります。今のハイテクシューズの流れ通りの進化といったところでしょうか。ナイキのアッパー素材が網状になっていたフライニットからの流れのように思います。

 

個人的には、アッパー素材が柔らかいため、復刻モデルのように包まれ感がいいというより、抜群の通気性と足当たりの柔らかさによる開放感が魅力だと感じました。

 

今回、購入したのは、New Balance MRL247 luxe black 26cm 販売価格:\14,404(税込) ワイズ:D カラー:black 素材 : アッパー:レザー/ネオプレーン ソール:ソリッドラバー 247をレザー仕様にした限定版です。

 

Luxeタイプと呼ばれるものです。他のモデルと比べると高級感があり、よりスタイリッシュに近代的な印象を受けるモデルとなっています。

 

もちろん、高級感のある分、価格も高いですね。しかしながら、レザーを使用している分、その無骨さが今のファッションシーンには相性が抜群です。イージーパンツなどと合わせて着用したいところですね。

 

タイトルとURLをコピーしました