スポンサーリンク

NEW ERAのキャップライナーロングブラック11117889帽子汚れ防止

 

みなさまこんにちは!

 

本日はNEW ERA(ニューエラ)の キャップライナー ロング ブラックを購入したのでご紹介していきたいと思います。キャップは汚れやすいので衛生管理が難しいところですよね。洗濯で落ちない汚れもあるので、何か手はないかと思惑していたところ、いい商品に出会うことができました。

 

ぜひみなさんにも知っていただきたいアイテムですので、細かく説明していきたいと思います。

 



アイテム紹介

 

キャップライナーとは、その名の通りキャップの裏に取り付けて汚れを防止し清潔を保つアイテムのことです。今回購入したのはブラックですが、他のカラーもあるので、キャップの色に合わせて選ぶことができます。汚れが気になる方はブラックを選ぶと無難です。

 

キャップは直接頭皮に触れるので汚れやすいアイテムです。キャップライナーは衛生面が気になる方には嬉しい商品です。

 

 

付け方は簡単で、両面テープを剥がして額部に沿って貼っていくだけです。裏の説明を読めば誰でも簡単に装着ができると思います。この時にライナーがよれて隙間ができると、綺麗に貼れないので洗濯によって剥がれやすくなってしまうので注意が必要です。

 

しっかりと額部に沿って丁寧に貼るようにしてくださいね。また、一回貼るとベトベトするのが心配な方もいらっしゃると思いますが、まったく気にならないので安心して使用してください。

 

 

最初は本体に両面テープが付いているのでそのまま取り付けることができます。二回目以降は、両面テープを自分で取り替えていく必要があります。手間に感じるかもしれませんが、ライナーを取り外して洗濯ができるので清潔を保つのに優れています。キャップは汗染みができると取れないこともしばしばですので、できるだけライナーを取り付けるといいですね。

 

また、キャップは洗濯で型崩れをしてしまうので、フォルムを保つためにもライナーの使用を推奨します。洗濯頻度は少なくする方が良いので、長期的な目線でみてもライナーの取り付けは優先順位が高いように思えます。

 

 

ライナーは、中心にある9WENTYの文字を中心に貼っていきます。ライナーにもNEW ERAのタグが付いているので、それを中心に合わせると綺麗に貼ることができます。

 

 

写真のライナーを見ると分かりやすいですが、ライナーの中心部分にNEW ERAのタグがありますよね。これが中心部分ですので、基準にして貼っていきます。この時にテープが歪んでしまうと、着用時に違和感があるので丁寧に貼っていきましょう。

 

まとめ

 

今回はNEW ERAの キャップライナー ロング ブラックをレビューさせていただきました。簡単に取り付けができて、キャップを清潔に保つことができるのでオススメのアイテムになります。

 

キャップ好きの人ならわかると思いますが、着用するたびに汗染みが気になったり、清潔に保てているか心配になったりしますよね。洗濯するのは簡単なことですが、お気に入りのキャップの形が崩れるとがっかりしてしまいます。そんな悩みを解決してくれるのが、今回紹介したキャップライナーです。貼るだけで上記の問題を解決することができるので、キャップ好きの方はすぐに購入することを推奨します。

 

自分の大切はキャップコレクションを長く着用していくためにも、管理はしっかりしていきたいですね。

 

では、今回はこの辺で終わりたいと思います!最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました