スポンサーリンク

ステューシーバケットハット STUSSY Wool Check Big Stock Bucket Hat

 

シンプルなシルエットにStussyのロゴが印象的なバケットハット。カジュアルコーデの定番アイテムとして気になる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は数あるバケットハットから、秋冬に持っていたいウールチェックをピックアップします。

 


ステューシー ウールチェックバケットハットの特徴

 

ウールチェックという商品名ですが、ウールは10%。あくまで風合いとしてのウールといったところでしょう。90%がポリエステルで構成されています。ウールの割合が増えると、不意の雨や雪によるフェルト化が心配ですが、そういったリスクが避けられそうです。

 

細かめの千鳥風チェックなので、コーディネートの邪魔をすることなく合わせやすいのも特徴。千鳥チェックはトラッドな印象を与える秋冬定番のパターンです。ダークトーンのチェックはカジュアルなコーディネートにプラスすることで、大人感をアップさせてくれます。

 

クラウンの内側にはテープが縫われています。型崩れのリスクを軽減してくれるので、たたんでしまっても安心。持ち歩きにも便利です。バケットハット定番のアイレットもレイアウトされており、スタンダードなアイテムになっています。

 

普段からバケットハットを愛用しているなら、秋冬用として持っておくとコーディネートの奥行きが広がりそうです。

 

ステューシー ウールチェックバケットハットの色は?

 

カラーはこの3色。

  • チャコール
  • ブルー
  • ブラウン

 

刺繍のホワイトと相まってモノトーンアイテムに仕上がっているチャコールは、コーデの引き立て役にピッタリ。色モノコーデはもちろん、アウターやトップス、ボトムスもモノトーンにすればシックなコーデにもよく馴染みます。

 

やや明るめのブルーも、千鳥風チェックになると一気に寒い季節が似合うアイテムに。アクセントのアイテムとして合わせるとストリートになじむスタイリングになります。また、シューズやバッグなどもブルーで統一させると、ややキレイめ寄りのまとまりあるスタイリングに仕上がります。

 

ウォーム感のあるブラウンは、ユニセックスでも使えそうなアイテム。リンクコーデで合わせても良さそうです。アースカラーや暖色系のアウターとも相性バツグン。秋冬スタイリングを暖かくまとめ上げてくれる色合いになっています。

 

ステューシーが再び注目されているわけ

 

1980年代前半に生まれたステューシーが日本に上陸してから30年ほど。サーフィンとスケートボードという世界から、今やストリートファッションの定番ブランドとして認知されたステューシーが、2020年代になってまた脚光を浴びているといいます。

 

それは、90’sレトロが注目されているから。昨今のストリートトレンドに、90年代にフューチャーしたファッションがあります。当時のテイストを2020年の雰囲気に合わせたスタイリングが、SNSなどでも多く挙がっています。

 

ステューシーもかつてはショップが増えて飽和状態になっていた時期もありました。ダサいとまで言われることもあったというステューシーが、この90年代ファッションの象徴として、再び注目されているそうです。

 

90年代との違いは、ロゴの大きさ。当時はロゴの大きなものが人気がありましたが、現在はどちらかというとやや小さめのものが人気になっています。

 

このウールチェックバケットハットも、かぶってみると悪目立ちするような大きいロゴではありません。現代風にブラッシュアップされたアイテムといえるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、ステューシーのウールチェックバケットハットをご紹介しました。秋冬スタイリングにふさわしい温かみのあるチェックで、カジュアルコーデのアクセントとしてヘビロテ間違いナシといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました