スポンサーリンク

STUDIOUS パッチワークスウェット購入レビュー

 

みなさまこんにちは!

 

本日はSTUDIOUS パッチワークスウェットを購入したのでレビューしていきたいと思います。今回は古着で購入したのですが、状態はあまり良いものとは言えません。でも、そこが気に入って買ったんです。その理由も話しながら、アイテムの特徴を解説していきたいと思います!

 



アイテム紹介

 

服好きの方であれば、STUDIOUSをご存知の方が多いとは思いますが、一応ブランドの説明をしておきますね。

 

STUDIOUSは、東京に特化したセレクトを展開するセレクトショップで、そのセレクトショップが発信するブランドが「STUDIOUS」です。”日本発を世界へ”をブランドコンセプトとしており、日本ブランドの良さを世界へ向けて発信しているブランドです。私がSTUDIOUSを知ったのはお店からでした。店内のアイテムを見ているとき、自社ブランドもあるんだなあと思ったことを今でも覚えています。ドメスティックブランドを多数取り扱っており、立ち上げ10年以内のブランドをピックアップして入店させることもあるそうです。STUDIOUSはドメスブランドの登竜門的存在になっていそうですね。

 

 

では、アイテムの解説に移ります。見ていただけると分かりますが、生地のパッチワークが独特のスウェットですよね。こちらの写真は肩から腕にかけてもディテールですが、裏地をあえて出すインサイドアウトの手法を使っています。ちなみに、インサイドアウトはマルジェラのアイテムで有名なディテールです。

 

そして、毛玉がついているのも分かりますね。実はこの着潰している感がたまらなくて購入しました。ちょうど古着で程よい着用感があるアイテムを探していたので、このアイテムに出会った時は感動ものでしたね…

 

 

段違いの生地もこのスウェットの特徴の一つです。リブがついているパーツと、ついていないパーツが混在し、つぎはぎ感を高めています。パッチワークのアイテムは、sacaiやANREALAGEといったブランドを連想させますが、STUDIOUSのスウェットもなかなかいい勝負をするのではないでしょうか。

 

独特な切り替えしや素材使いが面白く、一着でコーディネートの主役になれるスペックを持っています。コートやジャケットのインナーでアクセントを狙うのも良いですね。とにかく使い道が多くて助かります。

 

 

バックまでこだわられたパッチワークとなっています。後ろから見ると、段違いの生地が綺麗に見えますね。このアイテムだけでレイヤードができそうです。サイズがSと小さいため、中にシャツやタートルネックを着れないことが残念ですが、かなり良い買い物ができたと満足しています。

 

これを機会にカジュアルよりへシフトチェンジするのも有りかなと思ってもいます。

 

まとめ

 

今回はSTUDIOUS パッチワークスウェットをご紹介しました。新品の状態も見てみたいアイテムですが、使用感のある古着だからこそ惹かれたアイテムかなと思っています。今でも十分味がありますが、今後も着用していくたびに風合いが増していくことを願っています。

 

STUDIOUSがリリースするアイテムを購入したのは初めてでしたが、クオリティの高さに驚かされます。これからは、こまめにサイトをチェックしてみようと思います。また、STUDIOUSのセレクトしているブランドも厳選されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

では、今回はこの辺で!最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました