スポンサーリンク

vans オールドスクール購入レビュー

 

みなさまこんにちは!

 

本日はVans(ヴァンズ) オールドスクールをレビューしていこうと思います!オールドスクールは、Vansの名作といえるアイテムの一つです。ストリートファッションを好む人にとってはかなり親しみのあるアイテムではないでしょうか。

 

今回はそんなオールドスクールの魅力に迫っていこうと思います!

 

アイテム紹介

 

オールドスクールは見た目からして可愛らしいフォルムとデザインをしています。Vansの名作ということもあり、多くの人が手にしたことがあるアイテムですが、一番の魅力は汎用性の高さにあります。オールドスクールは、ストリートをはじめとするカジュアルやアメトラ、モード、フォーマルと数々のカテゴリーのファッションに馴染むことができるアイテムです。私は何回も系統が変わったタイプですが、オールドスクールはその都度お世話になっているスニーカーの一つです。この万能な立場は、なかなか確立できるものではありません。

 

 

アッパーのステッチは、カジュアルな雰囲気を高めてくれるディテールです。白糸だからこそ出せる味で見事に抜け感を演出しています。

 

オールドスクールは耐久性に優れたスニーカーとしても名高く、スケーターやBMXプレーヤーにも人気のあるアイテムです。オールドスクールが誕生したのは1977年のことで、当時のスニーカーでは初めてアッパーにレザーを用いました。その工夫のおかげで、激しい運動にもついていくことができるスニーカーが生まれたのです。ルーツをストリートに持つ、まさにストリートを代表するスニーカーと言えます。

 

 

ガムソールのアウトソールは、しっかり地面をつかんで歩行をアシストしてくれます。雨の日にも安心して履くことができるスニーカーです。また、クッション性も優れており、歩行時の衝撃を和らげてくれるので長時間の移動でも疲れを感じさせません。

 

雨の日で思い出しましたが、アッパーには撥水加工と防汚加工があるとかないとか。シリーズによって違うらしいので断言できませんが、購入時に意識すると良いかもしれませんね。

 

 

履き潰しているので分かりにくいですが、踵にはVansのロゴがデザインされています。サーフィンやジャズストライプとも呼ばれるシグネチャーですが、デザイナーのポール・ヴァン・ドーレン氏の落書きがモチーフというのは有名な話です。Vansの立ち上げ当初は小さいスニーカーショップだったため、軽い気持ちで描いたのかもしれませんね。今ではロゴのステッカーやキーホルダーまでリリースされており、すっかりvansの顔役となっています。凝っていないデザインが親しみやすさを感じさせます。

 

まとめ

 

今回はVans オールドスクールをご紹介しました。今回取り上げたのはベーシックなオールドスクールですが、カラーバリエーションやデザインも豊富なライナップのアイテムです。自分の好きなデザインが見つかると思うので、気になる方は調べてみてくださいね。オールドスクールは、スニーカー界の名作なので一度は手にしておきたいアイテムです。スニーカーを探しているならオールドスクールはかなりお勧めですよ!

 

では、今回はこの辺で!最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

 

タイトルとURLをコピーしました