スポンサーリンク

【RAG MACHINE】ビッグシルエット半袖Tシャツ購入レビュー

 

今日は茨城県発祥のジーンズ小売り大手「ライトオン」から派生してできた”RAG MACHINE”のTシャツの購入レビューをしていきたいと思います。

 


コスパ最強?!”RAG MACHINE”とはなに?

 

ライトオンという店舗はみなさん一度はどこかで見たことがあると思います。ライトオンは茨城で1980年に誕生し、そこそこ歴史のある全国に400店舗を構える小売店です。そんなライトオンは独自ブランドを多数抱えていて、「バックナンバー(BACK NUMBER)」や「ハーバード(HARVARD)」等があり、アメカジを売りにしているのですがその中の1つがこの”RAG MACHINE(ラグマシーン)”です。タグに縫いつけられたアメリカ国旗がまさにその証ですね。

 

ラグマシーンはアメカジを取り扱っている割に値段が安く、かつ品質が良いというコストパフォーマンスを追求していて、密かに人気を集めているブランドです。

 

そもそもアメカジとは”アメリカンカジュアル”の略で、アメリカ人のフォーマル(社交)ではないカジュアル(普段)の服のことを指しています。近年日本でも海外風のファッションが爆発的な流行りを見せてきていて、そのニーズにばっちり応えているのがこの”RAG MACHINE”です。

 

「ビッグシルエット半袖Tシャツ」購入レビュー

 

普段筆者はXLもしくは2L以上のものを使っていますが、今回LサイズでこのTシャツを購入しました。初めはもう少しもう少し大きいサイズのほうがアメカジ感が出るかなと思ったものの、外国人向けのファッションだからかLサイズでも十分ゆったりとした感じになりました。このサイズで正解だったと思います。

 

生地は見た目と裏腹に思ったよりも厚みがあって、肌触りが心地良く、少し重量感があってしっくりきます。とはいえ生地のざらざら感はなく着ズレするといったことはなさそうです。さらには丈夫さをも兼ね備えていて、ほつれたりすることもないと思います。気軽に洗濯できるのは大きなメリットですね!

 

筆者が購入したものはホワイトカラーですが、他にもブラック、ブラウン、ベージュ、ケリーなどなど11種類ものバリエーションがあり、様々なコーデと組み合わせることが可能です。さらに極め付けはそのコスパの良さだと思います。着丈はそこまで長くないので様々なパンツとの気合わせが可能です。

 

 

裏地はこんな感じ

 

筆者の購入したものは表も裏の真っ白の無地ですね。綿100%なので吸汗性は通気性はそこまでよくないと思います、夏場はちょっと暑いかも。夏ももうすぐ終わるので、秋から冬にかけてのちょっと涼しくなってくる時期に丁度いいと思います。

 

 

実際に着てみるとこんな感じ

 

アメカジに限らず最近徐々に流行りつつある清潔感たっぷりのロングTシャツコーデみたいな使い方もできますね。大き目のサイズを買うとやりやすいと思います。また生地が薄いものと比べて皺が出来づらいので気痩せするのもいいところですね。

 

 

こんな風に写真の撮り方によってはかなり気痩せして魅せることができます。メンズらしさを強くアピールするファッションから細く見せる中性的な美しいファッションにまで対応していて、使い道はやはり幅広いです。

 

“RAG MACHINE” ビッグシルエット半袖Tシャツの入手方法

 

このTシャツはZOZO TOWNを初め、ライトオン公式サイトや、お近くのライトオンで入手可能です。ライトオンはメンズに限らず、レディース物であったり、キャップや靴など自社製品問わず様々なブランド物を取り扱っているので、ぜひ足を運んでみてください。掘り出し物が見つかるかもしれません。価格は2200円程度です。

 

タイトルとURLをコピーしました