スポンサーリンク

TOMMY JEANS 19SS 白ラインフーディーの購入レビュー

 

「TOMMY JEANS 19SS 白ラインフーディー」を購入したのでレビューしたいと思います。

 


TOMMY JEANS 19SS 白ラインフーディーの購入レビュー

 

TOMMY JEANSは、前はトミーヒルフィガーはビジネスカジュアルのラインです。前はトミージーンズはヒルフィガーデニムというラインのカプセルコレクションの名前でしたが、今はヒルフィガーデニムの後継ラインとしてトミージーンズの名前が使われています。

 

まず、フロントのデザインですがアームを除くと、いたってシンプルなデザインですね。レッド、ホワイト、ネイビーのアイコニックなTOMMY JEANSのロゴが胸元にワンポイントで入っています。大きめのカンガルーポケットもついていますが、いたって変哲はありません。もちろん、アームを除いての話ですが。

 

アームのデザインは両方にマジックテープのようなデザインで「TOMMY JEANS」と繰り返し連なっています。こちらは、どちらかというと前身頃より、後ろ身頃にデザインされているため、フロントから見るとそこまで見えません。

 

次に、バッグのデザインを見ていきましょう。

 

 

こちらがバッグのデザインです。

 

先述したテープデザインの部分ですが、肩のあたりを通って繋がっているのがわかります。着た時には、バックからはインパクト大のデザインになりますね。このブルーのデザインとTOMMY JEANSのロゴが90年代のモダンな雰囲気と現在のデザインをミックスしていて非常に個性的だと感じました。もともと、TOMMY JEANSは、過去のアイコニックなセレブスタイルからヒントを得た、90年代の息吹を感じさせるコレクション。「トミー ジーンズを手掛けるにあたり、私の初期の頃からのお気に入りのスタイルを新世代のトミー・ファンのためにアップデートしました。」とデザイナー トミー・ヒルフィガーは語っていたように、随所に90年代を思わせるディテールがあるのが特徴です。

 

「おすすめのコーディネート」

 

基本的に幅広いアイテムと相性がいいですが、私個人的なおすすめをいくつかご紹介します。

 

①90年代コーディネート

 

TOMMY JEANSは90年代から影響を受けているところもあり、着用するアイテムもそれっぽくまとめるコーディネートです。主にホワイトやレッド、ブルーのトリコロールカラーはブランドを代表するアイコニックなロゴにも使用されているので意識的に取り込んでいきたいカラーリングでもあります。少し鮮やかなパンツに小物を使ってみると○

 

②ストリートスタイル

 

ルーズなデニムやカーゴパンツ、チノなどと合わせてストリート風に。サイズ感もゆったりとしているため雰囲気が出ると思います。バックのテープデザインがアクセントになりトレンド感溢れるスタイルになること間違いありません。ウォッシュのデニムなども相性抜群。

 

③スポーツMIX

 

アンクルパンツやジャガードパンツ、トラックパンツなどと合わせてスポーツMIXスタイル。有名なコレクションブランドでも、テープデザインをスポーツテイストに落とし込んでいたりと、注目を集めていました。スニーカーなどと合わせて軽やかな雰囲気で着るといいですね。

 

もちろん、先述したように相性のいいアイテムは非常に多いです。例えばですが綺麗めなスラックスなどと合わせても、メリハリのあるスタイルで非常にかっこいいです。他にも、無地のパーカーとしてアウターのインナーにすることや、半袖タイプのプルオーバーのニットなどのインナーにして袖をレイヤードしてもいいですね。

 

様々な合わせ方があると思うので、これからも発見しながら着まわしていこうと感じました。

 

タイトルとURLをコピーしました