スポンサーリンク

KLEMAN PADRE(クレマンパドレ)の購入レビュー

 

今回は、KLEMAN(クレマン)のPADR(パドレ)の購入レビューをしていきたいと思います。

 


KLEMAN、PADRE購入レビュー

 

今回ご紹介するのはフランス生まれのブランド「KLEMAN」(以下、クレマン)の「PADRE」(以下、パドレ)になります。革靴ってどことなく高級そうだし、ビジネスシューズのイメージが強いという方は多いと思います。

 

ただ、シンプルで飽きの来ないデザインとシックな風合いは、一気に普段のコーディネートを大人っぽく仕上げてくれること間違いなしです。革靴のブランドのなかではかなりお手頃な値段で手に入るので、コスパも非常にいい革靴ですね。

 

KLEMANってどんなブランド?

 

革靴のブランドといえば「リーガル」や「パラブーツ」、「ドクターマーチン」等々ですよね。これらのブランドは実際に街でも履いている人をお見かけすることが多いです。しかし、実際に自分で革靴を買うとなると、「パラブーツなんて高くて買えないけど、マーチンは人と被るから別のブランドがいいな…」なんてワガママが頭をよぎってしまいませんか?

 

そんなアナタにオススメなのがこのクレマンです。クレマンは1998年に設立されたフランスのブランドであり、現地では公共施設や市役所にもサービスシューズを提供しています。古くからあるブランドというわけではないですが、そういった実績がある革靴だと簡単に壊れることもなさそうですし、品質の面では信頼できるブランドではないでしょうか。

 

クレマンの革靴にも多くのモデルが存在しますが、なかでもこのパドレは、チロリアンシューズと呼ばれる登山靴をモチーフにしたデザインで、少しぼってりしたシルエットが可愛いですね。実際に履いてみた感想をレビューしたいと思います。

 

実際に履いてみて

 

実際の履き心地ですが革靴とは思えないほど軽いです!通常の革靴は、ソール部分が革のレザーソールが多いですが、パドレはソールがゴムになっているので非常に歩きやすいですね。

 

つま先部分のシルエットも尖りすぎていないので、カジュアルでもキレイ目でも合わせやすいのもポイントです。太めのデニムに合わせても上品に仕上がりますし、細身のスラックスなんかと合わせてもグッと雰囲気がでますね。

 

 

筆者のパドレはブラウンなので、どちらかというとカジュアル寄りのファッションに合わせやすいよりシックに履きこなしたい方や、ビジネスシューズとして履いてみたいという方はブラックのパドレをおススメします。

 

サイズに関してですが、革靴はスニーカーよりもサイズを細かくチェックしておかないと靴擦れや足を痛める原因になってしまうので、可能であれば店頭で試し履きをすることをおススメします。大手のセレクトショップに置いてあることが多いので、お近くの商業施設にあるショップ等をチェックしてみて下さいね!

 

KLEMAN、PADEREを買う際の注意点

 

パドレを購入する際の注意点ですが、やはり革靴なので最初の数回は足が痛くなることがあるかもしれません。ソールがゴム製なので他の革靴やブーツより歩きやすさはありますが、あくまで“他の革靴と比べたら”ということをお忘れなく。

 

また、ソールがレザーになっている革靴だと、かかと部分が擦れてきた時はメーカーに問い合わせれば新しいソールと交換してもらうことが出来たりしますが(レッドウィングなんかはそうです)、パドレに関してはそういったサービスはありません。

 

かかとが擦れてどうしても新しいのにしたいという時は同じモデルをもう一度買い直す必要があります。その際に同じ商品の在庫があるかも分からないので、日頃のお手入れやかかとをなるべく擦らないようにする注意は必要かもしれませんね。ちなみにパドレのお値段は20,350円。革靴としては安いといえます!しかしだからといって安い買い物ではないことも確か。筆者としても、しっかりとしたお手入れを心掛け、少しでも長持ちさせたいところです。

 

タイトルとURLをコピーしました