スポンサーリンク

barbour BEDALE(バブアー・ビデイル)購入レビュー

 

今回は、babour・BEDALE(バブアー・ビデイル)の購入レビューをしていきたいと思います。

 


babourってどんなブランド?

 

babour(以下、バブアー)は1894年に生まれたイギリスのブランドです。コットン生地にオイルを染み込ませ防寒性、防水性を高めた素材を使用していることが特徴的ですね。ゴアテックスのような素材で作られた衣服はまだ無かった為、当時のイギリスでこの製法を用いて作られたバブアーのジャケットは大ヒット。

 

瞬く間に普及していき、第二次世界大戦の頃にはイギリス軍の潜水艦搭乗員の制服に採用されるほどに成長していったブランドです。その優れた品質が認められ、英国王室から優れたモノだけに贈られる賞、「ロイヤル・ワラント」も受賞しています。そんな輝かしいレコードを持っているバブアー、そのなかでも一番オーソドックスであろうジャケット、「ビデイル」についてレビューしていきたいと思います。

 

実際に着てみた感想

 

ビデイルは一般的なジャケットよりも少し丈が長めになっています。またオイルが生地に染み込んでいる分、それなりに重量感があります。レザーというわけではないのでそこまで固いわけではありませんが、ややパリっとした生地感になっています。

 

 

袖口部分はリブになっており、防風性は抜群。また、オイルがしっかりと塗り込まれている状態のバブアーは本当に風を通さないので、バイクに乗る人にもおススメです。デザインもシンプルながら、普段着ているシャツに1枚サッと着るだけで様になるビデイル。

 

プライベートだけでなく、スーツの上からコート代わりに羽織ることでビジネスシーンでも大活躍すること間違いなしです。筆者の場合、結婚式などにも着ていったことがありますが、特に問題はなかったかと思います。

 

 

キレイ目、ビジネスシーンでの着こなしだけでなく、デニムやネルシャツとの相性も抜群なので、男らしいワイルドなスタイルにもビデイルは持ってこい。オイルの独特な生地感がより武骨さを演出してくれます。襟元がコーデュロイの切り返しになっているワンポイントも可愛いですよね。ビデイルのような唯一無二のデザイン性を持つアウターは、敢えてそのアイテムを主役に持ってくるためにインナーや靴をオーソドックスなものにするのもアリですし、癖の強い古着と合わせても面白いかもしれません。

 

ビデイルも場所によっては他の人と被ることがあります。そういうベーシックなアイテムこそ、どんなコーディネートをするかで他の人と差をつけられますので、是非お気に入りの合わせ方を見つけてもらえたらと思います。

 

バブアーはお手入れが大事!

 

そんなバブアーですがオイルドジャケットという性質上、ずっと放置してしまうとオイルが段々抜けていって生地にムラが出来てしまいます…。それはそれで味があっていいんですが、保存環境が悪いとカビが生えてしまうことも。

 

そうならない為にも日々のお手入れが肝心です。着たあとや濡れてしまったあとは風通しの良い場所で日干しするなど、簡単な心掛けが長持ちさせる秘訣です。また、ビデイルは普通のドライクリーニングに出すことが出来ません!洗いたい場合は専門の業者さんやクリーニング屋さんに相談したほうがいいでしょう。

 

また、オイルドジャケットなので独特な香りがしてしまうこともあります。なかにはそれが苦手という人もいるかもしれません、密接、密集するような場所に行く可能性があるときは別のアウターにしておいたほうが無難かもしれませんね…。

 

以上がバブアーの購入レビューになります。しっかりとしたお手入れを定期的に行っていけば半永久的に着ることも可能なバブアーのビデイル。流行に左右されないトラディショナルなデザインはきっとこの先何年でも着れること間違いなし。筆者の洋服のなかでも、一生の相棒になってくれそうな予感がしております。

 

タイトルとURLをコピーしました