スポンサーリンク

SCYE(サイ)コーデュロイジャケット購入レビュー

 

今回は、SCYE(サイ)のコーデュロイジャケットの購入レビューをしていきたいと思います。

 


SCYEってどんなブランド?

 

今回ご紹介するのはSCYEのコーデュロイジャケットになります。SCYE(以下、サイ)は日本のデザイナー、日高久代さんと同じく日本のパタンナー、宮原秀晃さんによって2000年に設立されたブランドです。

 

ちなみにパタンナーというのは、デザイナーさんが作った服のイメージを、具体的に製造できるようになる形に落とし込む人のこと。デザイナーさんがだしたアイデアが実際に形になるための設計図を作るような役割ですね。そんな方々から生まれた日本生まれのブランド、サイ。こちらのコーデュロイジャケットは本来セットアップでリリースされた商品になっていましたが、それぞれバラで購入することも可能であったので、筆者はジャケットのみを購入しました。

 

そしてこのブラックカラーはセレクトショップ「Bshop」での別注カラーになっています。別注と聞くとなんだか特別な感じがしてついつい財布の紐もゆるんでしまいます。お値段は定価だと38,500円(税込)と、少々お高めとなっていますが、筆者はセールで約30,000円で購入しています。

 

決して安い買い物ではなかったですが、キレイ目かつ武骨なデザインは唯一無二なのでしばらく別のジャケットを購入する必要はなさそうです。長く使えそうな代物ですので、今後のコスパに期待したいところですね。

 

実際に着てみて

 

実際に着てみると、かなりのショート丈であることが分かります。何だか短ランのようなシルエットですね。そんな具合なので、ルーズなシルエットのパンツと組み合わせて武骨な着こなしが出来ます。しかも、素材がコーディネートなのでそこまで野暮ったい印象にならないのがいいですね。

 

 

内側にはブランドタグ。サイというブランド名の通り、動物のサイも模したようなロゴが特徴的です。ポケットは片方に1つついているのみですが、この作りからしてポケットになにか入れるよりかは、手荷物はカバンに収めてサラっと1枚で着た方がキレイなシルエットになるかと思います。筆者は秋冬はインナーにニットを持ってきて、パンツは太目のスラックスなんかを合わせるコーディネートをよくやります。また冬はコートとインナーのなかにはさんであげることで、ちょうどいいアクセントになったりもします。

 

暖かくなってきてからは半袖のTシャツ1枚の上から羽織ったりして使えるので、夏場以外はほとんどオールシーズン使えるアイテムになっていますね。コーデュロイの固さはありますが、そこまで厚くないので、非常に使いやすいアイテムです。

 

SCYE コーデュロイジャケット総評

 

サイのコーデュロイジャケットですが、総評すると

値段★★★☆☆・・・3

使いやすさ★★★★★・・・5

デザイン★★★★★・・・5

といったところでしょうか。値段は他のセレクトショップやブランドと比べてもやや割高ではありますが、それ以上に唯一無二のデザイン、そしてどんな合わせ方でも使える部分が高評価ですね。ポケットが1つしかないので、出かける際にはカバンが必須かと思います。

 

普段手ぶらで出掛けることが多い方にとっては不便に感じる部分もあるかもしれません。筆者が今後、ジャケットで出掛ける際もトートバックやサコッシュなどに貴重品をいれます。

 

その部分を差し引いてみても、かなり優秀で長く使えそうなアイテムだと思います。ファストファッションも素晴らしいアイテムが沢山ありますが、人と被らないかついいものが欲しいという方にはおススメのブランドとなっております。

 

このジャケットを購入する際はオンラインショップ等で在庫状況を確認するか、中古での購入になる可能性が高いですが、サイは他にもかっこいいアイテムが沢山ありますので是非お近くのショップやHPで、どんなアイテムがあるかチェックしてみて下さいね。

 

タイトルとURLをコピーしました