スポンサーリンク

ユニクロのボーダー(白 x 青)カットソーの購入レビュー

 

ユニクロさんのボーダー(白 x 青)カットソーを購入したのでレビューしていきたいと思います。

 


カットソーとは?

 

カットソーと聞くとあまり聞きなれない言葉で、首を傾げる人も少なくないかもしれません。そもそも衣類とはどうやってできているかご存知でしょうか。洋服は基本何かの素材で糸を作り、その糸を紡いで一つの布地にして、それを切って、塗って形を整えて洋服が完成するわけです。一方で布地を作る際に、編み物ではなく織物として規則正しい形の布地になることもあります。これが編み物と織物の違いになっていますが、カットソーを英語に直すと、cut(切る) と sewn(縫う)になり、これは織物と区別されています。襟付きのシャツなどは織物になり、カットソーは編み物を切って縫ったものです。ちなみに切ると縫うの作業が含まれない、編み物が布地の洋服は「ニット」と呼ばれます。簡単なようでちょっと複雑ですが、カットソーとはつまり編み物がベースです。よーく表面を見てみると糸が複雑に絡み合って構成されているのが分かると思います。

 

カットソーの一番の特徴は織物素材と比べて通気性がよく、肌触りが良いなど今の時期の暑いシーズンに向いています。また普通のシャツよりも腕周りが一周り短く7割丈や半袖のものが多い印象です。ユニクロさんから出ているカットソーはどれも涼しげで鮮やかな印象の者が多いので、見る人に好印象を与えることができると思います。

 

【ユニクロ 青 x 白 ボーダー カットソー】購入レビュー

 

デザインは青というよりは藍色と白色のコントラストが強調されたボーダーがメインのものになっています。脇下あたりから手首あたりまでこのボーダーラインが規則的に並んでいますね。個人的な意見ですが規則的なデザインは、不規則でごちゃごちゃしたデザインの服よりも、見る人に聡明でしっかりもののイメージを与えてくれるのでおすすめです。胴体の右端と左端のラインの間隔等も試しに測ってみましたが、ほとんど差がなくとても綺麗にラインが引かれています。

 

 

裏地はこんな感じ。これといって正面と裏面にも模様以外の胸ポケットなどの特徴はなく、無地に近い印象すら受けられて、これだけでは少々物足りないと思ってしまいますが、こういった服は逆に引き立て役ではなく引き立たせ役になることができるので、他のコーデを調整すると一気にカッコよくなることが多いですね。

 

 

適当なパンツとあわせてみるとこんな感じ。

 

この服の場合はかっこいい系のメンズファッションというよりかは、少しレディース寄りの清潔感ある中性的なファッションが良いのかなと思います。ストライプではなくボーダーラインなのでちょっと身体が太めに見えてしまうのがネックですが、逆にここから上に一枚なにか羽織ったりすればスタイルがよく見えるようになると思います。本当にシンプルな洋服は着合わせ次第ですね。

 

 

アングルを変えてみるとこんな感じ。

 

中性ファッションは近年爆発的な流行りを見せてきていて、性別に囚われない自由なファッションが特に若年層の間で広まっているようです。男性であれば少し長め、女性であれば短めのショートカットとこういったメンズ、レディースどちらにでもありそうな服を組み合わせて作るのが中性ファッションです。かっこいいというのは男らしさの象徴でもあり、素敵なことではありますが、男性だから女性だからといった性別に囚われず自由なファッションをして、かわいくもしくはかっこよくなるというのは新時代の幕開けでもあり、ファッションの本当の意味を教えてくれているようで何かとても魅力的ですね。

 

まとめ

 

今回はユニクロさんのカットソーをご紹介しました。

 

この時期まだまだ暑いですが、通気性の良い素材を使ったカットソーなどを着てなんとかやり過ごしたいですね。この服はお近くのユニクロさんや、web販売店で購入することができると思います。ぜひ試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました