スポンサーリンク

COMOLI 和装ジャケット 購入レビュー

 

みなさまこんにちは!本日は、COMOLIで一目惚れしたジャケットのご紹介です。COMOLIは綺麗めでカジュアルなアイテムをリリースし、人気を博してるブランドです。COMOLIのデザイナーの哲学も素敵なので、ブランド紹介と合わせて、アイテムのレビューをしていきたいと思います。

 



COMOLIとは?

 

COMOLI(コモリ)は日本のファッションブランドです。2011年に小森啓二郎さんが立ち上げたブランドで、日本人の体型のことを考え日常でも着やすいシンプルで上品なアイテムを展開しています。

 

ブランドコンセプトは「全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。」という考えの基、今の日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開しています。また、それを具現化するために素材や縫製、パターンにもこだわり、職人気質な服作りを行なっています。

 

また、毎シーズン明確なテーマを設けないところもCOMOLIの特徴です。特定の国、時代、カテゴリーには固執しない、あくまでも「今」を投影、反芻した表現は、どこまでもニュートラルであり、ファッションの中にいながらも独自のスタンスで世界観を表現しています。

 

COMOLIのスタンスで一番惹かれるのは、”毎シーズンテーマを設けない”という点です。流行を意識せず、自分の信念を貫く服作りはデザイナーの矜持を感じますよね。また、若干の頑固さも古風な日本文化を反映させているようで好みです。

 

アイテムレビュー

 

こちらが今回購入した和装ジャケットです。袈裟を連想させるディティールは日本の伝統的な衣装をモチーフにしたのでしょうか。また、ドローコードを結ぶことで、より和服のフォルムに近づきます。

 

そして、和洋折衷を演出しているのはラペル(襟)です。ラペルは洋服に使用されるディティールなので、本来であれば和服とは無縁のものです。そこをCOMOLIは上手く融合し、和と洋の要素を取り入れたアイテムに仕上げています。これこそがCOMOLIの真骨頂です。テーマを決めず、トレンドに流されない服作りを具現化したアイテムといえます。

 

 

ドローコードを解くとこんな感じです。和服というよりも、洋服のジャケットに近づきましたよね。この状態でサラッと羽織ってもスタイルが決まります。カーディガンと同じ感覚で着ることができるので、インナーを選ぶ必要がありません。シンプルで上質な服作りを掲げるCOMOLIの技能ここに有りです。

 

もう一つこの写真で注目してもらいたいのは、腕の落ち具合です。生地が肩から袖口にかけて前に向くように降りているのがお分かりでしょうか。この形状は日本人の腕に合わせて服を作っているのだと思います。

 

服を作る時にはパターンが重要な役割を果たしますが、平置きでパターンを作成した服には着にくさを感じてしまうことがあります。理由は簡単で、人間の体は平べったくないからです。ですので、実際に服を着用した時のことを考慮し、立体的に仕上げる必要があります。

 

そこで、COMOLIのアームパーツは縫製を一直線ではなく斜めに、そして肘の曲げ伸ばしが楽にできるように余裕を持ったパターンに設定しています。実際に着用してみると分かりますが、生地が引っ張られることなくストレスフリーで腕を動かすことができます。デザイナーのスキルの高さが現れています。

 

 

後ろ身は非常にシンプルです。縫製部分もなく、ミニマムなデザインとなっています。余計なデザインがないからこその上品さ。背中でもCOMOLIのコンセプトが語られているようです。

 

主張が激しくないアイテムは、コーディネートにおいて活躍してくれるので重宝します。

 

 

このドローコードも、アイテムにとって必要不可欠なディティールです。結んで良し、そのままでも良しのドローコードですが、シルエットを変化させたい時に役割りを果たしてくれます。

 

もともとシンプルなデザインのアイテムですので、このようなディティールはアクセントになってくれます。ちょっとした違和感とも思える遊び心が粋な計らいです。

 

また、よく見ると生地が毛羽立っていますよね。こちらは柔らかく温かみのあるコットンを使用しているため、抜群に着心地が良好です。COMOLIが、素材の研究に抜かりなく努力してる証拠です。洗っていくごとに風合いも増してくると思うので、今後の経過が楽しみです。

 

まとめ

 

今回はCOMOLIの和装ジャケットをご紹介しました。デザインも着心地も完璧なアイテムですが、それ以上にディティールから小森さんの思いを感じ取れるのが魅力的なアイテムとなっています。

 

COMOLIはシーズンごとに明確なテーマを持たないと前述しましたが、テーマを持たないだけでこだわりがないわけではありません。小森さんは確固たる信念の基、服作りと向き合っている方です。

 

無理にテーマに縛られることなく、自分が信じた服作りを行う。そんなCOMOLIのアイテムの魅力にファンは惹かれてしまうのです。服が好きな人には一度は着てもらいたいブランドです。

 

では、本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました