スポンサーリンク

Burberry London(バーバリーロンドン)のデニムパンツ購入レビュー

 

みなさまこんにちは! 本日はBurberry London(バーバリーロンドン)のデニムパンツを購入したのでご紹介していきたいと思います。バーバリーといえば、トレンチコートのイメージがありますが、実は他のアイテムも高品質で実用性に長けています。

 

今回はバーバリーデニムの魅力をお伝えしていきます。

 



アイテム紹介

 

今回購入したのはこちらのデニムパンツです。デニムはある程度は着込んだものが好きなので、古着で手に入れたアイテムになりますが、いい具合に色落ちをしていますよね。購入時に店員さんと話していたところ、発売当時はブラックデニムだったようです。

 

それを聞くとかなり変化していることに驚きますよね。また、長年は着込まれているわりには状態は良く、質の高いデニムパンツを購入できて嬉しく思います。

 

 

生地をアップして見ると、綾織の雰囲気やヒゲの入り方に味があります。今のデニム開発の技術では、初めから色落ちやヒゲをつけることができますが、やっぱり着古してこそのデニム。実際に履いた生まれた変化には、人工的に作れない独特の風合いがあります。

 

また、縫製部分はLevi’sなどのデニムブランドと比べると、少し粗いようにも思えますが、それも一興。縫製の弱さから生まれる生地の伸びも、もはやこのデニムパンツの魅力となります。

 

 

ちなみに今回購入したBurberryは、本ラインのアイテムではなくバーバリーロンドンというカジュアルアイテムのリリースに特化したレーベルです。バーバリーロンドンはデニムパンツやコットンのシャツなどデイリーユースに便利なアイテムを多く展開しており、本ラインと比べるとカジュアルに着こなすことができます。堅苦しいアイテムが苦手な人にはおすすめのブランドラインです。このレベールは英国製と三陽商会による日本製のものがありますが、タグをみたところこちらは日本製のようですね。

 

ライセンス契約によるバーバリーは本場に比べると品質が劣ると言われていますが、古着であればそこまで気になることはありません。日本生産である三陽商会がリリースするアイテムは、日本人の体格に合わせて作られているため、私たちにとっては着やすくなっています。

 

 

パンツの裾は、古着アイテムらしく擦れたり、破れたりしているところが見受けられます。両裾とも同じような感じで、個人的にはこのパーツが気に入って購入に踏み込みました。このボロボロ具合によりグランジ感があって、たまらない一本に仕上がっています。

 

今はきれいなデニムパンツを履くことが流行っていますが、もともとは作業着をルーツに持つアイテムなので、ボロいぐらいがデニムらしさを感じさせます。これからさらに履き込んで、もっと味を深めていきたいと思います。

 

まとめ

 

今回はバーバリーのデニムパンツをご紹介していきました。経年変化に惹かれた一本でしたが、間違いなく購入して正解でした。新品のデニムパンツに履きづらさを感じる人は、古着で買うことをお勧めします!

 

古着のデニムは、初めから履き馴染みがよく、味もあるのでいい雰囲気を放っています。コーディネートに取り入れるとこなれ感を出せるので、試してみてください!

 

では今回はこの辺で!最後までお付き合いいただきありがとうございました!!

 

タイトルとURLをコピーしました