スポンサーリンク

BRAUN(ブラウン)電動高級シェーバーシリーズ9 9494c購入レビュー

 

BRAUN(ブラウン)製のシリーズ9電動シェーバー9494cを買ったので、購入レビューをしたいと思います。

 



BRAUN社の解説

 

突然ですが、男性の髭は一日で平均何cm程伸びるかご存じでしょうか?きっとこの答えを聞いたら髭剃りにお金をかけることがいかに重要かよく分かると思います。

 

ブラウン社のホームページには、

男性の髭は毎日0.35mm程伸びます。

と記載されており、たった一日髭を剃らないだけでも周りの人から見てかなり伸びていることが分かると思います。でも、髭を綺麗に剃るのって結構難しくて何往復もしてしまったりしてしまって、結構剃るのに時間がかかるし、肌も傷んで肌荒れするなんてこともありますよね。ブラウン社は、そんな忙しかったり、肌の弱くて髭の処理に悩んでいる男性向けに画期的な高品質シェーバーを提供しています。

 

また、機能性だけではなく、ブラウン社はデザインにかかわる10の原則を掲げていて、洗練されていて、かつ機械的な人間工学に基づいた使いやすいデザインを追求しています。デザイナーには、iPodなどの数々のデザインに影響を与えたあのディーター・ラムス氏も起用されています。

 

さらには、シリーズ9に限らず、どのシリーズにおいても常に高品質な網刃を用いているので剃り心地はバツグンです。また、ブラウン社はメンズ向けのシェーバーだけではなく、女性向けに自家脱毛器具なども販売していて、様々なニーズに応えていることが伺えますね。

 

【BRAUN Series9 9494c】 購入レビュー

 

本題の購入レビューですが、その前に僕の髭事情について語らせてください。僕はもともと体毛がかなり濃い体質で、腕毛や足毛に常に悩んでいましたが、一番悩んでいたのは髭でした。手や足であればまだ剃っても肌荒れしないものの、市販品のカミソリ等を使うと一気に肌荒れしてしまって、血が出てきたり蕁麻疹のように顎まわりが真っ赤になってしまっていました。もうどうしたらいいか分からなくて、髭を剃ることを諦めて生やす方向に逃げていた時期もありました。しかしそんなときに友人が見かねてこのシェーバーの存在を教えてくれて、それからは一切肌荒れすることなくシェービングできるようになりました。

 

 

それでは本題に移ります。このシェーバーは4つの刃に分けて構成されています。上下の網刃とトリミング用の上の刃、そして毛を綺麗に刈り取ってくれる金色の刃です。この網刃が直接回転するのではなく、この網刃の中にセットされた数枚の刃が回転することで、髭をカットしていくことができます。一番上の刃と下の刃では比較的長い毛がカットされ、トリミング部では様々な方向を向いている髭が一方向に整えられ、金の部分で寝そべった毛なども一気にカットされます。こうすることでたった一回の動きで髭がごっそりなくなるので、まったく肌を傷つけることなく仕様できます。

 

 

後ろから見るとこんな感じ。ボタンがついていて、このボタンを押しながらスライドさせると、細かい部位のシェービングまでできちゃいます。これでもみあげの毛のシェービングやのどぼとけなどのやりづらい毛のシェービングも楽チンですね!

 

最近の髭剃りにはどれもついている機能だとは思いますが、電源ボタンを押すと細かい振動が発生してより剃りやすくなっているように感じます。また、UIも洗練されていて非常に使いやすい印象です。私が購入したものはアルコール式の洗浄機もついていて、シェービング後にセットして電源を入れるだけで99%の除菌ができました。髭の生える場所というのはどうしても不潔になってしまうので、この機能はとてもありがたいです。

 

また、持ち運び用のハードケースも付属していて、結構がっちりしているのでもし万が一持ち運び中に落としてしまっても安心できます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。このシェーバーは安く買えても新品だと3万円以上してしまって、少々お高い買い物ですが、とても肌荒れしやすい僕でも一切肌荒れすることなく使えるぐらい良い物なので、ぜひ試してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました