スポンサーリンク

RAINBOW SANDALS(レインボーサンダル)トングサンダル

 

丈夫な作りでビーチでの使用はもちろん、そのファッショナブルな雰囲気で普段使いでも違和感なく合わせることできる『RAINBOW SANDALS』

 

安価なトングサンダルだと長時間歩きにくいのですが、この『RAINBOW SANDALS』ならそれなりに歩く場合でも躊躇なく履けるので、おすすめのサンダルです!

 


カリフォルニア生まれのサンダル

 

歴史は結構長く1975年創業。創業者のJ.R.Longley氏はサーファーでもあり、ビーチに捨てられているサンダルを見かけたことをきっかけに「丈夫なサンダルを作れば、捨てられてビーチが汚れることは無くなるのでは」と考えたことが、ブランド創設のきっかけになったようです。

 

今ではカルフォルニアでは知らない人はいないと言われるほどの、一番有名なサンダルメーカーになっています。

 

10年以上履き続けられるサンダル!?

 

実際、私も持っていますが、かなり頑強な作りになってて、5年以上前に買って愛用していますが、ガタがきているような箇所は全くなくまだまだ履いていけそうな状態です!

 

 

特に鼻緒の部分は特許も取得している特殊で頑丈な作りになっているとのことで、さらに個人的には、鼻緒の部分が付け根に擦れたりもせず快適に履ける点も気に入っています。

 

 

捨てられることのないようにとの思いで作られているだけあって、10年以上でも全然履き続けている人も結構いるようです。

 

ソールは2種類ある

 

レインボーサンダルのソールには『シングルレイヤー』と『ダブルレイヤー』が存在します。それぞれソールの厚みによって分けられていて、シングルは少しソールが薄いので、価格がリーズナブルで、ビーチサンダル特有の軽やかな見た目と履き心地となっています。

 

一方ダブルは、厚めのソールが特徴で、クッション性に優れています。見た目にも重厚感があるので普段使いにも合わせやすいのかなと思います。

 

価格自体はそこまで大きく変わるわけではないのと、1足を長く履き続けるサンダルであることを考えると、私はダブルレイヤーがおすすめです!

(写真のソールがダブルレイヤーです)

 

レザー製でも耐水性は問題なし

 

私は元々あまり気にせずに、ビーチや川など、濡れる可能性のある場所でも気にせずに履いていたのですが、実際特に問題はありません。

 

濡れたまま放置はもちろん避けた方がいいですが、すぐに乾かしてたまに革靴用の保湿クリームを塗るなどするといい風合いで長持ちすると思います。

 

革製ですけど、水も気にせずに履けて、そのダメージすらも雰囲気になっていくという本当に最強のビーチサンダルのレインボーサンダルおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました