スポンサーリンク

crocs Norlin Slip-on クロックスのスリッポン購入レビュー

 

crocs(クロックス)のスリッポンを購入したので、レビュー致します。

 


crocs Norlin Slip-on(クロックススリッポン)解説

 

あのサンダルで有名なメーカー・クロックスからスリッポンが販売されていて、購入してみたところとても感動したのでご紹介したいと思います。

 

アウトソール(靴底)はあのクロックスのサンダルと同じ素材の合成樹脂「クロスライト」で出来ていて、とても軽く丈夫でクッション性もあります。インソールには吸水性をサポートするメッシュライナーが装備されていて蒸れと匂いを防いでくれます。

 

 

靴のボディー部分のキャンパス生地は少し薄手な作りで熱を逃し、濡れてもすぐに乾きます。

 

[crocs Norlin Slip-on]クロックススリップオン購入レビュー

 

こちらを見つけた時、僕は遂に夏のパーフェクトシューズを見つけたと、涙しました。

 

メリット1 暑くない

 

もう夏はこの子がいれば何もいりません。どんな靴よりも圧倒的に暑くないし蒸れません。上のキャンパス生地が薄めで通気性が良く熱がこもりません。かと言って安っぽくなく切れたりもしない丁度良い薄さです。

 

メリット2 蒸れない

 

クロックスのサンダルを履くときのように、裸足で履けるように工夫が施されています。吸収性をサポートするメッシュライナーなる物がインナーに装備されており、これは間違いなく裸足で履くことを想定した装置で、防臭性も備えています。

 

メリット3 とっても軽い

 

この靴は重さがおもちゃかと思う程、ほんとに軽くて驚きます。ソール(靴底)があのクロックスと同じ合成樹脂で出来ているのと、薄めのキャンパス生地がこの靴を軽くしているのだと思います。バンズのスリッポンも持っていますが、重いし、濡れたら乾かないし、蒸れるしでクロックスのスリッポンを履いたらもうバンズのスリッポンには戻れません。

 

メリット4 歩きやすい

 

ソール(靴底)の合成樹脂が意外と丈夫でクッション性も優れていて、とても歩きやすいです。足をいれる開口部のフチには丁寧にレザーが巻かれており、その中にクッションをいれることにより、足に優しく靴ズレを起こさないように親切設計が施されています。これにより長時間履いていても足が痛くなることはないです。

 

メリット5 濡れても平気

 

インソールもアウトソールがそのままなので、靴底の感触はクロックスのサンダルと変わりません。ボディーのキャンパス生地は薄めで速乾性があり、水場に行くことも想定されているようで、水に濡れてもすぐに乾きます。

 

デメリット

 

デメリットはとくに見当たりませんでした…。そうそう、夏のあいだ他の靴を履く気にならなくなりますww

 

フォルム

 

甲の部分がスッキリとした、全体的に見た目もカッコよいスリッポンです。redも素敵だったので購入してしまいました。指し色としてバエます。

 

 

シンプルなシルエットなので、どんな着こなしにでも合います。黒い靴は、全体のスタイルを引き締めてくれます。着こなしバランスを合わせやすいので、色に迷ったら黒が一押しです。

 

サイズ感

 

サイズは少し小さめに作られているようです。私は普段26.5cmを購入しますが、こちらは27cmでジャストサイズでした。0.5cm刻みのサイズはないので、1cm刻みからの選択になります。

 

スリッポンはあまりゆる過ぎても、紐で縛って調整することができないので、脱げやすくなってしまいます。丁度良いサイズを選んでください。

 

まとめ

 

もう夏はほんとにこの靴以外は履けなくなってしまいました。

 

最高におすすめサマーシューズです。ただし、ただいまNorlinと言うモデルのスリッポンは入手困難かもしれませんので、他のモデルを探した方が良いかもしれません。クロックスの靴はあなどれませんよ!

 

まだ巷ではあまり知られてないお得な情報をお届けいたしました。これで町中crocsのスリッポンだらけになったらファッションリーダーとして嬉しい限りです。

 

この完璧な靴を今年は是非ともお試しください。そして感動してください。

 

タイトルとURLをコピーしました