スポンサーリンク

CLARKS WALLABEE クラークスワラビーレビュークレープソール

 

スニーカーとはまた違った雰囲気でコーディネートできるクラークスのワラビー。クレープソールの柔らかい履き心地も魅力です!

 

程よいドレス感もあるので、私も全体のコーディネートがラフになった時には足元でバランスをとるためによく着用しています。今回はアイテムの詳細からサイズ選びまでご紹介させていただきます。

 


クラークスってどんなブランド?

 

クラークスは1825年にイングランドで始まったブランドです。シューズメーカとしてはかなり古い歴史を持っています。

 

英国の革靴といえば『重厚』『フォーマル』などの印象が強いかもしれません。ただこのクラークスはカジュアルシューズというジャンルを確立したと言われている少し毛色の違うブランドで、まさにフォーマルとカジュアルの中間をいくシューズとして人気を博しています。

 

特徴はクレープソール

 

クラークスといえばクレープソールをイメージされる方も多いと思います。実際にいろんなモデルで使用されており、今回ご紹介するワラビーのソールもクレープソールが使用されています。

 

クレープソールとは、『天然ゴム素材の靴底』のことで、ゴムの木から取れる樹液を固めたものとなっています。

 

天然ゴム素材ゆえに、夏場の熱いアスファルトでは溶けたり、冬は硬化しやすかったりなどのデメリットもあります。

ただやはりその柔らかい履き心地や、疲れにくい弾力性、また天然素材ならではの雰囲気のある見た目など魅力も多い仕様です!

 

人気モデルのワラビー

 

『ワラビー』とはお腹に袋がある有袋類のワラビーからきています。ワラビーは小さいカンガルーの種類で、そのお腹に子供を入れる様と、足を包み込むイメージが重なることから、そのように名付けられています。

 

他にもクラークスにはさまざまなモデルがありますが、最近はこのワラビーというモデルがとても人気があります。少しボリュームあるデザインが、最近のトレンドでもあるルーズシルエットとの相性もいいことから特に若い世代に支持を得ているようです。

 

サイズの選び方

 

クラークスのサイズの選び方ですが、表記より実際のサイズは結構大きいと思っていただいていいと思います。

参考までにですが、私の普段のスニーカーのサイズは27.0cmで、クラークスのワラビーはUK表記で7hで選びます。(UK7hは日本の表記に直すとだいたい26.0cmで表記されています)

UK7/26.0cm〜26.5cmの方向け

UK7h/26.5cm〜27.0cmの方向け

UK8/27.0cm〜27.5cmの方向け

というのが、私の感覚ではありますが、だいたいの目安になるかと思います。

 

最近は人気が高く、なかなか希望のカラーとサイズがすぐに見つからないかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてピッタリの1足手に入れてみてください!

タイトルとURLをコピーしました