スポンサーリンク

クックマンシェフパンツcookman usa CHEF PANTS購入レビュー

 

トレンドとして定着しつつあるシェフパンツ。その元祖といえるブランドがクックマンです。今回はクックマンのシェフパンツをピックアップします。

 

今さら聞けない、シェフパンツの基礎知識にも触れていきます。

 


シェフパンツの元祖クックマンとは?

 

クックマンが生まれたのは、アメリカ西海岸。そのブランド名のとおり、クックマン=シェフが作りました。他のファッションブログで「うま味が詰まった」なんて例えが多すぎて飽食してしまいそうですが、こうした例えが出るのは、本当のシェフが作ったパンツだからなのです。

 

「オシャレでカッコいい厨房着がほしい!」これがシェフパンツが生まれたきっかけ。実際に厨房に立つシェフが履くからこそ、その動きやすさは織り込み済みといえるでしょう。

 

クックマンはシェフパンツの他にも、デリバリーに使えるショート丈のジャケットや白衣からインスパイアされたラボジャケット、シェフパンツにマッチするTシャツなども取り扱っています。さらにはエプロンやマットといったテーブルウェアまであり、さながらプロフェッショナルにも対応したラインナップが揃っています。

 

クックマンのシェフパンツその魅力は?

 

クックマンのシェフパンツは、そのシルエットがいちばんの魅力。ワイドながらも膝下からはやや窄まるテーパードシルエットで、足さばきの良い形になっています。最近ではクックマンのシェフパンツと同じシルエットを採用したルーズテーパードのパンツが増えています。そんな中でクックマンは元祖というだけあって、その動きやすさは抜群です。

 

バックポケットに配されたクックマンの赤いタグも印象的。他のブランドを差をつけるなら、この赤いタグのクックマンのシェフパンツというタグです。

 

また、サイズがユニセックス展開となっているのもポイント。ゴムウエストでサッと履けるデザインは、カジュアルコーデにピッタリのアイテムです。さらに、そのカラーバリエーションの豊富さも魅力。ペアで完全なリンクコーデも、あえて色違いでシルエットのシミラーコーデも可能です。

 

クックマンのシェフパンツ最初に買うなら定番キャンバス!

 

シェフパンツといえば、コットンを使った丈夫なキャンバス素材。クックマンデビューなら、このキャンバス素材がおすすめです。

 

キャンバスは耐水性のある平織りのファブリック。濡れると水を通しにくくするという性質をもっています。シェフが愛用する素材というのもうなずけます。また、やや厚みのある素材なので、シーズンレスで履けるのもキャンバスのメリットです。

 

ちなみに、クックマンのシェフパンツはキャンバス以外の素材展開も豊富。シーズンによって異なりますが、ブロックチェックが特徴のネルやカジュアルボトムス定番のデニムといったファッション素材から、ポリエステルを使用したリップストップといった機能性の高い素材までラインナップされています。

 

クックマンのシェフパンツを買うなら、その素材にも注目してチェックしてみましょう。

 

クックマンのシェフパンツオススメカラーは?

 

シェフパンツのおすすめカラーは、定番のアースカラー。ベージュやカーキなどのコーディネートしやすいカラーは特に人気があります。スタイリングの土台ともいえるカラーなだけあって、シーズンレスで取り入れることができるのが魅力です。

 

また、クックマンのシェフパンツは独特の柄も目を惹きます。ラインが鮮やかなストライプやブロックチェック、カウプリントの総柄など、個性的なものがラインナップ。

 

1本目は基本のベースカラーを、2本目はコーディネートの中心になる柄系をチェックしてみるのも楽しいですね。

 

まとめ

 

今回は今さら聞けないクックマンのシェフパンツについてご紹介しました。シェフパンツ発祥のブランドで、そのシルエットの美しさやカラーやファブリックのバリエーションの豊富さは見事といえるでしょう。

 

シェフパンツをチェックするなら、第一候補はクックマンで決まりですね!

 

タイトルとURLをコピーしました