スポンサーリンク

Supreme 21’S/S Kaws Chalk Logo Tee

 

さまざまなブランドとのコラボでもおなじみのアーティスト、KAWS。今回はSupremeとコラボしたChalk logo teeをご紹介します。KAWSとSupremeに通じる共通点を探りながら、コラボTの魅力に触れていきます。

 


Supreme×KAWSそのコラボの原点は?

 

Supremeが初めてKAWSとコラボしたのは2000年頃です。当時リリースされたスケートボードデッキは、現在はプレミアがついて200万円で取引されることもあるとか。

 

SupremeとKAWSはストリートでの人気や親和性、ジャンルを問わないさまざまなブランドとのコラボなど、共通項が多いのも特徴。その協業が一度きりで終わらず、コレクション発表のたびにコラボを待ち焦がれているファンがいるのも納得です。

 

2000年初頭から20年ほどの間で数回コラボしているKAWSとSupreme。最近は今回ご紹介するChalk Logoが定着していますが、他にもKAWSおなじみのキャラクターとBox Logoとのコラボや、KAWSとメディコムトイの協業ブランドであるオリジナルフェイクとのコラボなど、バリエーションの多さもポイントです。

 

KAWS Chalk Logo Teeとは?

 

SupremeとKAWSのコラボでおなじみのChalk Logo。大きすぎずも存在感があるシンプルなロゴが特徴です。チョークという、ストリートを連想させるアイテムもKAWSらしさを感じさせます。

 

Chalk Logo Teeはカラーによってチョークの色も異なり、それぞれの色が違う雰囲気を持ち合わせています。ストリートコーデでメインにするなら、彩度高めのレッドやブルー、イエローもおすすめです。ユニセックスコーデなら甘すぎないピンクもひと味違う印象になるでしょう。

 

モノクロカラーなら、合わせるボトムスによって洗練されたカジュアルコーデに変化させることも。ロゴの色もモノトーンなので、コーデの引き立て役にするという贅沢な合わせ方もユニークです。

 

Supremeの数あるロゴの中でも、Chalk Logoが人気の理由はそのさりげなさ。いかにもコラボ!といった主張が控えめで、しかしながら知る人ぞ知るロゴとなっています。普段はそこまでストリートコーデはしないけどSupremeはチェックしておきたい、という方にもおすすめしたいデザインのロゴです。

 

KAWS Chalk Logo Teeの着用感は?

 

KAWS Chalk Logo Teeのサイズ感を調べてみましたが、関係する口コミはあまり見当たらないようです。おそらく、Mサイズでも大きすぎたりタイトすぎることなく、ちょうどいい着用感であることが考えられます。

 

KAWS Chalk Logo Teeを取り扱うネットショップでの販売状況を見ていると、意外とMサイズの在庫が残っているように感じます。ここ数年のトレンドを見ると、Tシャツはやや大きめのサイズから売れていく傾向があるので、Chalk Logo Teeも同様の動きがみられるようです。

 

また、ショルダーに極端なドロップもなく、オーソドックスなシルエットのTシャツになっていることからほど良い着用感が想像できます。どうやら、長く着用できるようにと、トレンドに左右されない定番のTシャツをチョイスしたのかもしれません。

 

やや大きめに着たいならLやXL、すっきりと着るならMサイズをチョイスすると良さそうです。

 

まとめ

 

今回はSupreme×KAWSのコラボから、Chalk Logo Teeをご紹介しました。定番シルエットのTシャツにプリントされたハンドライティングのボックスロゴが、さりげないデザインです。Supremeを初めて着る方にもおすすめしたいコラボアイテムは要チェックですね。

タイトルとURLをコピーしました