スポンサーリンク

Patagonia パタゴニアロスガトスクルーフリースレビュー

 

2018年にリリースされて以来、パタゴニアの新定番となりつつある〈ロスガトスクルー〉。レトロXを彷彿させるデザインもかっこいいですし、比較的リーズナブルなところも人気が出ている理由だと思います。

 

パタゴニア好きの私ももちろん愛用しております。街着はもちろん、アウトドアシーンや部屋着まで幅広く活躍するアイテムとしてご紹介させていただきます!

 


ロスガトスクルーとは?

 

2018年から発売され、毎シーズン新しいカラーも追加されるなど人気のアイテムで〈ロス•ガトス〉という名称はカルフォルニアにある地名からきているようです。

 

フリース素材で作られたクルーネックのプルオーバータイプで、スウェットやニットに近い感覚で着用できるデザインです。

 

ロスガトスクルーの機能面のご紹介

 

・保温性と吸湿発散性のあるフリース生地

ハイパイルフリース生地を使用しており、吸湿性に優れています。内部をドライに保ってくれるので、保温性はありながら快適に着用できます。また洗濯しても乾きやすい点も様々なシーンで役立つポイントです。

 

・DWR加工されている

DWRとは(Durable Water Repellent)の略で、簡単にいうと通常の撥水加工より優れた加工のことをいいます。Gore-texなどにも採用されている加工で、雨に濡れても、しっかりと弾いて濡れた状態になるのを防いでくれます。

 

・高い収納性

シンプルなデザインながら、裾付近に配されたサイドポケット。胸の辺りにはアイコニックなナイロン生地に切り替えたポケット。全てジップつきのポケットで収納性もバッチリです。

 

 

デイリーに使えるデザインながら、高い機能性も持っているまさにパタゴニアらしいアイテムですね!

 

サイズの選び方

 

パタゴニアのアイテムは、結構サイズを選ぶのに悩まれる方も多いかと思います。今回ご紹介しているロスガトスクルーに関しては、大きめのサイズで選ぶのがオススメです! 

 

参考までにですが、170cm痩せ型の私で選ぶのはMかLぐらいのイメージです。

私が所有しているのは初期のモデルで、2018年リリース当初は一気にどのサイズも完売するほど人気だったので、どうにかSサイズを手に入れたのですが、今のトレンド感もあってタイトすぎて着れないなという感じです…

 

実際にそれ以降も、XL以上の大きいサイズは特に人気が高いようです。狙っているカラーなどがある方は、大きいサイズを見つけたら即買いがオススメです!

 

少し首周りの開きが大きくなるので、冬はタートルネックや少し首の詰まったカットソーなどをインナーに合わせていただいて、コーディネートしていただくといいかなと思います。ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました