スポンサーリンク

Supreme(シュプリーム)18AW Pile Lined Plaid Flannel Shirtの購入レビュー

 

今回ご紹介するのは、人気スケートブランドのシュプリームのネルシャツです。

 

Supreme(シュプリーム)18AW Pile Lined Plaid Flannel Shirtの購入レビュー

 

まず目に飛び込んでくるのが、「Plaid」、チェック柄ですね。ブラック、グレーベースの色味にホワイトの細いラインが3~4本入る、少し綺麗めな印象を受けるチェック柄です。しかしながら、後述するパイルランニングやラウンドカットされた裾、スナップボタンのディテールから、カジュアル要素の高いデザインにもなっています。

 

ポケットの部分は生地をバイアス状に切り替え、同じ生地の中でもデザインの切り替えを起こしています。

 

「Pile Lined」とあるように、パイルライニングになっており保温性が高いことが特徴。秋冬にシーズンに時々見られる、裏地をパイル生地にすることで、保温性だけでなく、肌触りもよく、より印象を季節感に近づける風合いに仕上げています。イギリス製の少しミリタリー要素のあるブランドなんかではよく見かけるディテールだと思います。

 

フロントボタンはスナップボタンになっているため、どちらかというとシャツジャケットのようにして着用することができます。秋やまだ寒い春口なんかには、ロングスリーブTシャツやパーカーをインナーにして上からざっくりと羽織るだけでも、暖かくスタイリングすることができますね。

 

カラー展開は4色、パイルライニングの配色は差し色になっているものから今回紹介するグレーカラーのように、同系色でトーンを落とした落ち着いた印象のものまであります。

 

先ほどは、フロントのスナップボタンを全て外した状態での画像でしたが、こちらのスナップボタンを閉めた状態の写真がこちらになります。

 

見てわかる通り、スナップボタンのカラーは黒になっており、全体としてもシックな印象です。

 

主にスケーターカルチャーから影響受けているSUPREMEで、ストリートやスケーターな雰囲気溢れるスタイリングをしている方も多いのではないでしょうか。

 

今回のネルシャツは、落ち着いた、少し綺麗めな印象。と言いましたがスタイリング、コーディネートする際にはどうなんでしょうか。

 

結論からいうと、相性はいいです。サイズ感がゆったりとしている上に、先ほどあげたパイルライニングは、裏地とはいえ全体にルーズな印象を与えます。もちろん、落ち着いたチェック柄とはいえ同じ柄物系のアイテムとは相性が悪いと言わざるおえませんが、シンプルなアイテム、そしてシルエットを考えてコーディネートするといいかと思います。

 

例えば、ルーズなアイテムとスタイリングすればよりストリート感の溢れるスタイル。綺麗めなパンツ、例えばスラックスやスキニーといったアイテムと合わせるとシックな印象の中にもカジュアルな印象を持ったバランス感のあるスタイリングにすることができます。

 

もちろん、冬場にはコートなどのインナーにしてもチェック柄がおしゃれなので、真冬にも大活躍することは間違いありません。

 

 

ブランド:SUPREME(シュプリーム) 1994年にジェームズジェビア氏がスケートボードの専門ウェアブランドが無い事を嘆き創立したブランド“SUPREME”。藤原ヒロシ氏が日本に紹介し、人気、知名度共に高くなり、NYやイタリアなど幅広く展開しています。

 

商品名:18AW Pile Lined Plaid Flannel Shirt チェック柄長袖シャツ

 

 

左胸ポケット部分のSUPREMEタグ。

 

小さくワンポイントで入っています。これらはSUPREMEのアイテムに全般的に見られるディテールです。シンプルかつアイコニックなロゴ。

 

下記は、アイテム内側の品質表示タグになります。ご参考までに。

 

タイトルとURLをコピーしました